Discography

徳永ゆうき
Single「さよならは涙に」

徳永ゆうき
Single「さよならは涙に」

2013.11.13 on sale

CD / TYCT-30008 / 1200円(税込)

比嘉栄昇WORKS
楽曲提供・プロデュース

1.さよならは涙に

作詞:大城盛裕・比嘉栄昇/作曲:比嘉栄昇/編曲:萩田光雄

2.東京てぃんさぐ赤い花

作詞・作曲:比嘉栄昇/編曲:萩田光雄


ジャケット題字:テリー伊藤

<歌に願いをこめて/比嘉栄昇>
初めてゆうき君の歌を聴いて、ぱっと思ったのは三波春夫さんの事で、こんなに明るい声の人ってここ何十年も聴いた事がなく、この声を待ってた方々は、たくさんいらっしゃるだろうなあって思いましたね。
「さよならは涙に」っていう言葉は、ゆうき君にぴったりだなって思います。
世の中がちょっと沈み込んでいるときに、せつないけれど前向きに行こうっていう、そういう歌を歌える人だし、この歌を聴いて気持ちが晴れて、まあいろいろあるけど頑張るかって思える人が、日本中にたくさんいらっしゃることでしょう。きっと、ゆうき君が運んで来てくれた言葉、フレーズだと思うんです。
以前、田端義夫さんへ書かせて頂いた「旅の終わりに聞く歌は」の中では、『空は夕焼け~』でしたけど、今回、ゆうき君には『空は朝焼け~』と、書きました。バタヤンが亡くなってやっぱりさみしさはありながらも、歌のファンとして、また新しい力が新しい才能がここにあるって、僕自身も救われたんですよね。
日本の歌は大丈夫だぞって、きっとバタヤンも喜んでくれるだろうなあって。
ゆうき君には、始まりであって朝焼けであって欲しい。
日本の歌の心を歌い継いでいくんだ、もっと拡げていくんだっていう、大きな役割を胸に秘めていて欲しい。自分だけの歌じゃないんだと、お祖父ちゃん、お祖母ちゃん、お父さん、お母さん、みんなから受け継いで来たんだと、これからもその思いを忘れずに歌っていって欲しいですね。